宮崎病院

診療のご案内

脳神経外科

脳神経外科概要

地域の二次救急病院の脳神経外科として、24時間体制で常時救急患者の受け入れを行っています。
平成28年の脳神経外科領域の救急搬入件数は892件で、県内でも搬入件数が極めて多い病院です。疾患としては脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)が最も多く、次いで頭部外傷です。
手術内容は開頭手術、定位脳外科手術、脊髄、脊椎手術、脳血管内手術等にわたっています。
外来患者さまであれ、救急患者さまであれ、必要な精密検査はその日のうちに実施し、そのデータに基づいた的確な治療を即日に実行することをモットーに活動しています。

救急患者様への対応の為、屋上にヘリポート設備を完備しています。

救急ヘリからの患者様の搬入です。

救急車による患者様搬入件数(総数)

▲クリックすると拡大します。

年度 件数
H24 1,328件
H25 1,513件
H26 1,531件
H27 1,523件
H28 1,548件

脳神経外科の入院患者様状況

H28年は入院の患者様2,232名のうち1,331名が脳神経外科の疾病でした。 疾病別割合は次の通りです。

▲クリックすると拡大します。

疾患名 件数
閉塞性脳血管障害
(脳梗塞など)
510件
脳内出血 106件
くも膜下出血 22件
脳腫瘍 57件
頭部外傷&全身打撲症 93件
疾患名 件数
外傷性頭蓋内出血・脳挫傷 74件
慢性硬膜下血腫 71件
てんかん 82件
めまい 175件
その他 141件

主な治療内容

 脳外科手術での精密で正確な手術施行を目指して、手術用顕微鏡(ZEISS製)、手術用ナビゲーター(STRICKER製)を導入しています。
また、開頭術をしないで脳動脈瘤の手術を行う血管内手術、脳梗塞の超早期治療としての脳血栓溶解療法(tPA治療)を行っています。

診療分野

診療実績

平成28年の脳神経外科の手術例数は225例で、以下の手術を行いました。

診療内容 件数
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 77件
脳動脈瘤頸部クリッピング 18件
動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 16件
頭蓋内血腫除去術(開頭) 10件
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 10件
脳血管内手術 9件
水頭症手術(シャント手術) 7件
診療内容 件数
定位的脳内血腫除去術 7件
頭蓋内腫瘍摘出術 6件
その他 16件
ガンマナイフ治療 36件
血栓溶解療法(rt-PA静注療法) 13件

▲クリックすると拡大します。

脳神経外科手術、定位脳外科手術、脊髄・脊椎手術

血管内手術、血栓溶解術

医師紹介

三佼会理事長 宮崎 久彌

認定資格
  • 日本脳神経外科学会 専門医
  • 日本脳卒中学会 専門医
  • 人間ドック専門医研修施設指導医
  • 日本外傷外科学会
  • 日本脊髄学会
  • 日本脳卒中外科学会
  • 人間ドック健診専門医

宮崎 隆義

認定資格
  • 日本麻酔科学会 認定医
  • 産業医
  • 日本脳神経外科学会

谷岡 浩二

認定資格
  • 日本脳神経外科学会専門医

東 裕子

認定資格
  • 日本脳神経外科学会専門医

脳神経外科 診断システム

予約なしで受診された患者様でも その日のうちに必要な精密検査を受け、確定診断の基に適切な治療が受けられます。