宮崎病院

栄養室

栄養室について

治療の一環として安全で美味しい食事を提供することで、患者様の疾病の回復に貢献できるよう努めています。また、管理栄養士の病棟担当制を取り入れており、チーム医療の一員として医師や看護師など多職種と連携を取りながら栄養管理を行っています。

栄養室の特徴

病棟担当制

 各病棟に管理栄養士を配置し、日々患者様のベッドサイドに伺っております。食事量の低下や食事が食べにくい場合は、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と連携して食べやすいよう食事の調整を行い、早急に対応できるように取り組んでいます。また、食事療養に対する理解と自己管理の必要性を認識いただき、継続性の高い食事療養を実施できるように栄養・食事指導も行っています。

NST(栄養サポートチーム)

 医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、ソーシャルワーカーと連携をとり栄養管理を実施しています。毎週NSTカンファレンス・回診を行い、患者様のベッドサイドを訪問して栄養管理上の問題を抱える患者様について合併症の予防や一日も早い回復への手助けを行っています。

総合健診センター

 人間ドックの検査終了後には、当院管理栄養士が栄養バランスを考えたお弁当を提供しています。毎年新しいメニューを考案し、ご利用の方より好評をいただいております。

通所リハビリセンター

 通所リハビリ施設をご利用の方に、昼食とおやつを提供しています。病院給食と同様に、季節に合わせた行事食やご当地メニューを取り入れています。