宮崎病院

薬剤部

薬剤部紹介

宮崎病院薬剤部は、薬剤師7名(常勤:5名、非常勤:2名)、助手2名の計9名で業務を行っています。
病棟専任の薬剤師を全病棟に1名ずつ配置し、他の医療スタッフと連携を深め、患者さんや他の医療スタッフへ 情報提供や指導を行うことにより、安全かつ適正な質の高い薬物療法の提供に努めております。

業務内容

業務内容

入院患者さんに対して錠剤、散剤、水剤、外用剤等の調剤を行います。
その際は、飲み合わせや投与量の確認だけではなく、患者さんが確実に服用できるように錠剤の一包化や粉砕調剤等も行っています。

注射薬調剤業務

注射薬は、注射ラベルを薬剤に貼付して患者さん一人分ずつトレイにセットし払い出します。年齢、体重、検査値等を考慮し、投与量だけでなく投与速度、投与間隔、投与経路、配合変化等もチェックしています。
抗がん剤治療を受けられている患者さんの抗がん剤は、投与経路・投与時間・投与量・休薬期間等についての確認を行います。抗がん剤の混合は安全キャビネットを使用し、薬剤師が調製を行うことで安全な抗がん剤の払い出しを行っています。

医薬品情報提供業務

日々新しくなる医薬品情報を収集・整理・加工し、医療スタッフに最新の情報を的確かつ迅速に提供します。

病棟薬剤業務

患者さんや家族に対して、現在内服しているくすりの薬効、飲み方、注意点、服薬意義について説明を行います。さらに病棟ラウンドを行い、他の医療スタッフと連携して薬の効果が得られているか、薬を正しく服用できているか、副作用がないかを確認し、適切な薬物療法が行われるように努めています。また、病棟に配置している薬剤の管理や、入院患者さんの持参薬管理(持参薬の確認とその評価に基づく処方設計と提案等)も行っています。

チーム医療への参画

薬剤師はその専門性を生かし、がん治療、栄養サポート、感染制御、褥瘡対策、糖尿病教室等の専門的な領域のチーム医療における一員として診療に関わっています。

「おくすり手帳」 の活用について

おくすり手帳は、いつ、どこで、どんな薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。複数の医療機関を受診する時や、転居した時など、この手帳を見せるだけで、あなたのお薬のことをわかってもらえます。

おくすり手帳のメリット

病院を受診する際や、入院する際には、必ず 「おくすり手帳」 をご持参ください。
おくすり手帳は、何冊も持っていては意味がありません。 飲んでいるすべての薬を「1冊で」記録することが大切です。病院ごとや薬局ごとに、別々のおくすり手帳を作らないようにしましょう。