宮崎病院

診療のご案内

放射線科

放射線科 概要

画像診断、血管内治療を担当する診療科です。

画像診断

画像診断とは主にレントゲンを用いて体の内部の様子を観察し、病気の発見や進行度の評価を行うことで、CR、CT、MRIで撮影した画像の読影が具体的な業務になります。
 当院ではこれらの画像とその報告が、院内すべての電子カルテ端末で参照できるようになっています。
また全医師と関係スタッフによる画像検討会が毎朝行われており、前日の画像情報の共有化と診断の検討が徹底されています。

血管内治療(IVR)

 放射線診断手技を応用した疾患の検査および治療手技のことで、外科的手術に比べて患者様の負担が少ないのが特徴です。
 当院では、最新の血管撮影装置(フラットパネル搭載型バイプレーンシステム)を用いて、術前・術後の検査や血管内治療を行っています。

①術前・術後の検査

 脳腫瘍や脳動脈瘤・血管奇形・頸動脈狭窄などの手術前・後に血管の状態を評価します。回転血管撮影を行うと3Dで血管が再構築できるので、クリップと血管との関係などが詳しく検討できます。

検査の様子。前面のモニタを見ながら、操作します。

クリップをかけた状態(未破裂脳動脈瘤に対する手術)が、はっきりと判ります。

②血管内治療

 脳血管内治療は大腿動脈(足の付け根の動脈)から頭部の病変部血管まで、細いカテーテルをX線透視装置で観察しながら到達させて血管の内側から行う治療法です。
開頭せず、患者様への負担が少ないため、高齢者や全身合併症のある方、全身状態が悪い方にも治療可能です。


<<脳血管内治療の対象となる主な疾患>>

コイル塞栓術前 術 後
未破裂動脈瘤の3D画像 血流の様子 手術により動脈瘤に
血液が流れていない
のが確認できます

医師紹介

涌島 宏