宮崎病院

臨床工学室

臨床工学技士について

 ME(Medical Engineer)と呼ばれ近年の医療機器高度化・複雑化に伴い医学的、工学的な知識を持つ専門職が必要となり1987年に医学・工学の両面に精通した医療機器のスペシャリストとして臨床工学技士が誕生しました。
 

当院の臨床工学技士の業務

機器の保守・点検だけでなく手術室業務も行っています

 医師の指示のもと血液浄化装置、人工呼吸器等の生命維持管理装置などの医療機器を操作・保守・点検を行う事を主な業務としています。
 当院では、透析室での血液浄化装置の操作及び管理、救急病棟を中心とした人工呼吸器管理、ペースメーカー関連業務のプログラマー操作及びチェック、ナビゲーション操作等の手術室業務を行っています。
 病院の中では少人数の職種ですので、関係職種と連携を取りながらチーム医療の一員として貢献出来るよう日々スキルアップに努め、医療機器に関することを聞きやすく頼みやすいMEを目指しています。