宮崎病院

権利擁護研修会の講師として参加しました

権利擁護研修会の講師として参加しました

 令和3年5月7日に諫早市西部地域包括支援センター主催の権利擁護研修会に講師として出席致しました。
テーマは「コロナ禍で面会できず、本人・家族の意思疎通が困難な状況での退院支援~医療ソーシャルワーカー及び介護支援専門員等の意思決定支援~」です。
 今回は新型コロナウイルス感染症対策として、包括支援センター職員と対談・インタビュー形式で行う様子を参加者の方はオンライン(ZOOM)上で視聴しつつ意見交換を行う形です。対象は諫早西部地区のケアマネージャーや医療・介護の相談員を対象にお話させて頂きました。
 コロナ禍において各所で面会禁止になり、患者さんや家族さんと十分なお話ができない中で安心して住み慣れた地域へ戻る為に、患者さんを支える関係職種の密な連携・協働が必要だと再確認ができました。
 今後も地域の医療・介護事業所の方々とも連携し、患者さんが安心して医療や介護が受けられるよう努めていきます。

~医療相談室 室長 近藤直樹~